スポンサードリンク

ジョイントマットは子供の成長に合わせてスペースも道具もフレキブルに対応できます。

子供部屋の機能は「寝る」「学ぶ」「遊ぶ」ができることが基本。

子供の成長に伴って、部屋の使われ方も使うものも変化します。

整理・整頓の収納も大事なことですが、床だって掃除がしやすく、安全に遊べる環境づくりも大切です。

子供が「自分だけのお城」と愛着がわくような色柄で対応できればベストですね。

ジョイントマットなら床を傷つけずに模様替えも簡単。

ジョイントマットはそのデザインや材質も増えてきており、コルク材やクッション材、あるいはアルファベットが書いてあって勉強に使うことができたりと、子供が成長するにあたり模様替えのアクセントアイテムとして非常に利用価値のあるものです。

こどもの成長は思ったよりも早いもので、あっという間に歩き出し、走り出し、暴れだし、どんどん成長していきます。

歩き始めの時期には歩行時にこけてしまい頭を打ってしまうなどのことも考えられますが、クッション性の高いものであれば安心安全が確保できます。

子供の早い成長に伴い、洋服などもどんどん入れ替えていかなければいけません。

それに伴い、家具もその用途が変わったり、いろいろな家具が必要になっていきます。

また、家具の移動もしなければいけません。そんな時もジョイントマットを引いていれば床に傷をつけることもなく安心して家具移動が可能です。

もし仮にマットに傷がついたりしてもその部分だけ交換すればよいので経済的にも助かりますし、お手入れ簡単です。特に賃貸住宅では引っ越しで退出の際には大きな傷をつけてしまっていると修繕費用などを、予想以上に多く請求されてしまうことがあります。

特に小さな子供では物を投げたり、落書きしたりと大変で傷一つつけないで生活するのはほぼ不可能ですので、床をジョイントマットでしっかり守っておくことはメリットがあります。

ジョイントマットは自然素材のものを選びましょう。

さらに、材質も小さな子供に害のない自然な素材を用いたものもありますので、子供の健康に合わせて選んであげることができます。

また、ジョイントマットは床の材質にもあまり影響を受けません。分譲マンションでは現在、床暖房は標準装備に近いほど、ほとんどのマンションに取り付けられています。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

接着剤を多く使用しているカーペットやラグマットでは床暖房を使用していると接着剤が溶けてしまい床に張り付いてしまったり、床材を傷めてしまうことがあります。

その点ではジョイントマットはそのような材料が使われていることも少なく、安心して床暖房の入っている部屋にも使用することができます。

その他、ジョイントマットの利用方法としては階下への防音です。

一戸建てなら家族しか住んでいませんので少々の足音は問題になることはあまりないでしょう。しかし、マンションで、しかも、下の階に住んでいる人が非常に神経質だったりすると非常に気を使ってしまって自宅ながらゆっくり過ごせなくなってしまいます。

その対策として防音、下の階への配慮のためにジョイントマットを使用できます。ジョイントマットでかなりの足音の軽減が期待できます。

ジョイントマットの使い勝手の良さはそれだけではありません。一つ一つのマットは大きくないので部屋のコーナーにある柱などの構造物により部屋の形が正方形でないようなときも、比較的簡単にマットを切ったりつなげたりすることで、部屋の形にフィットさせることもできます。

また、家具が重くて動かせないような場合も、うまく形を調整すれば隙間なく部屋に敷きつめられることはカーペットなどと比較すると容易にできるでしょう。

子供の成長に合わせて、その時期に必要なものは変化します。家具を含めちょっとしたの要替えと考えた時、ジョイントマットなら見た目もすっきりとし変化し、値段の高くないので違う色もマットを買い増したり、違う部屋での再利用など便利で使いやすいアイテムだと思います。

売れ筋ランキング情報

やさしいコルクマット

やさしいコルクマット 約8畳(64枚入) やさしいコルクマット 約6畳(48枚入) やさしいコルクマット 約2畳(16枚入)

やさしいジョイントマット

やさしいジョイントマット 約8畳(36枚入) やさしいジョイントマット 約2畳(12枚入) やさしいジョイントマット 24枚入

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket