スポンサードリンク

並べるとクイーン・キングサイズの跳ね上げベッドになる

今回は、並べるとクイーン・キングサイズの跳ね上げベッドになる、国産の跳ね上げ収納ベッド、クローリーをご紹介します。

<スポンサードリンク>




跳ね上げベッドについて

跳ね上げ式ベッド、耳慣れない言葉ですがどんなベッドかご存知ですか?なかなか広い部屋に住めない、日本の住宅事情にぴったりの収納できるベッドなのです。

・引き出しタイプのベッド

下が引き出しになっているタイプのベッドはよく目にする機会があると思いますが、引き出しタイプのベッドには難点があります。

当然、引き出さないと中にしまった物が取り出せないので、引き出しを全て引くにはベッドの幅×2倍のスペースが必要になるのです。

一般的にシングルベッドの幅は100cmですから、引き出すには200cmの幅が必要になります。

ご夫婦で引き出しタイプのシングルベッドを2台並べて使用する場合は400cmの幅が必要になります。

では一般的なベッドルームの大きさである6畳間や8畳間の部屋の広さはご存知ですか?

江戸間、団地間など種類によって1畳の大きさは細かく違うのですが、例えば江戸間で6畳サイズは261cm×352cm、8畳サイズは352cm×352cmです。シングルベッドを2台並べると、引き出しが引き出せなくなってしまうのです。

・跳ね上げタイプのベッド

引き出しスペースの問題を解決するのが跳ね上げタイプのベッドになります。

ベッドを上に跳ね上げるので、引き出すスペースが必要ありません。

ベッドのサイズまるごとを収納に使えるのです。これは狭い日本の住宅では、大変助かりますね。

ベッドのサイズ

ベッドのサイズについてご説明します。ベッド幅には、狭い順からセミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングと種類があります。

通常一人で寝る場合はシングルを使います。幅はメーカーによって異なりますが、幅90~100cmとなります。

高級ホテルの客室でよく見られる、どーんとそびえるゆったり幅のベッドはクイーンやキングサイズです。クイーンで幅160~180cm、キングで幅180~200cmとなります。

大きいサイズのベッドがお部屋にあるだけで、一流ホテルのような高級感が出てきますね。

2台くっつけるとクイーンやキングサイズに

今回ご紹介する跳ね上げベッドクローリーは、抜群の収納力が自慢のベッドです。

深さを3タイプから選べるので、収納したい量によって選ぶといいですね。

そして、シンプルな形状なので、2台くっつけることでクイーンやキングサイズのベッドとして使えるのです。

ボックスシーツなどのリネン類は、シングルサイズのものが圧倒的に多く、クイーンやキングサイズ用は日本ではほとんどありません。

狭い日本ではクイーンやキングサイズのベッドを購入する方はなかなかいなく、シーツも需要がないのでほとんど売っていないのです。

枕カバーや布団カバーとおそろいでリネン類をこだわりたい場合、シングルを2台並べた方が、たくさんの種類の中から選べるので便利です。

また、クイーンやキングサイズのベッドに2人で寝る場合、マットレスの硬さの好みが違う場合はどちらかが我慢しなくてはいけません。シングルベッド2台にすれば、それぞれが好みの硬さのマットレスを使うことができるので、大変合理的です。

まとめ

安心の国産跳ね上げベッド、クローリー。

深さが3タイプから選べる抜群の収納力を誇ります。

また、跳ね上げの開閉も縦開きか横開きか選べるので、部屋の作りやベッドの配置に応じて便利に開閉できます。

収納力以外にも細やかな気配りがあります。宮付きなので目覚まし時計や本など小物が置けますし、コンセントもついているので充電もばっちりです。

そしてシンプルなデザインで2台くっつければクイーンやキングベッドに変身!

高級ホテルの客室を再現しながらも抜群の収納力、そして宮付きで機能性もばっちり。

色もホワイト、ナチュラル、ダークブラウンで部屋の雰囲気に合わせて選べます。

とてもおすすめのベッドです、ぜひ購入してみてください。”

 
<スポンサードリンク>

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket