スポンサードリンク

夫婦2人。どんなベッドを選べばいいの。

子供たちも独立して、夫婦二人。布団の上げ下ろしも辛くなる年齢となりました。

そこで、思い切って夫婦二人のベッドを新調しようとして家具屋さんに見に行ったのですが、数が多すぎて決められずに帰宅してしまうということもあるでしょう。

いったい、どんなベッドを選べば良いのでしょうか。

どんなサイズがいいの?

夫婦二人で利用するというとダブルサイズ(2人でダブルベッドのデメリットは)以上の幅が必要です。

セミダブルというサイズも有りますが、これは二人で利用するのには小さすぎるでしょう。

また細身同士の場合はダブルサイズでも十分ですが、どちらかが体格がいい場合は狭く感じられるかもしれません。

ダブルという名前からシングルの2倍の幅があると思っている方も多いのですが、全く違います。

シングルの2倍のサイズというとキングになります。

一般的に市販されているベッドの中では最大のサイズとなり、体格の良い二人や大の字で寝たい人にも十分の広さがあります。

キングサイズのベッドは6畳の部屋の2/3程度の大きさがあります。

かなり大きいのでベッドの高さやカバーの色を考慮しなければ設置しただけで圧迫感があります。またカバーの洗濯は重労働です。

キングよりも少し小さなクイーンサイズは大人二人がゆっくり横になることができながら相手の存在感を感じられる大きさで人気があります。

またクイーンとキングはマットレスが二つに分かれていることも多く、相手の動く振動で起きてしまうという眠りが浅い方には安眠を得られるという点でも人気があります。

どの幅にもロングタイプが存在します。通常の長さでは足がはみ出てしまいという高身長の方にはロングタイプが適していますがカバーなどの種類は減ってしまいます。

マットレスの硬さは?

最近は柔らかめのマットレスが人気です。

ですがマットレスの硬さの人気は時代によって差がありますし、もちろん好みは個人差が大きいので実際に寝てみて選ぶ必要があります。

その際、腰掛けてみるだけでなくきちんと横になることが重要です。可能であれば上着は脱ぎ、枕を借りてみると実際の利用時に近い状態となり分かりやすいでしょう。

お店ではまず一番人気のものを試してみましょう。ほとんどの店舗ではいわゆる中間の硬さの幾つかが人気があるようです。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

その後で固いもの、柔らかいものと寝てみてどちらが自分の好みなのかを探っていきます。

お店によっては一番高価なものを寝てみてください、それが基準です、と言われる場合もあります。

高価なものはふわふわの寝心地で好きな方もいれば苦手だという方もいます。

どちらにせよ基準になるということで、たくさんの物を試しすぎて好みが分からなくなったら、基準にしているものにもう一度横になってから再び選び始めると良いと言われています。

一般的に筋肉量が多い方は硬めのものを、少ない方は柔らかいものを好むと言われています。また年齢が上がると柔らかすぎるものは寝返りが打ちづらい、力が入れにくいと感じるようです。

困ったことに、夫婦で好みが合わない!

運動好きで筋肉量の多い夫と日常的に運動をしない妻など、夫婦といえどマットレスの好みが合わないということはよくあります。

そんな時に販売員は迷わずこう言います「硬さの違うマットレス二枚を繋げて使うと快適ですよ」。

セミシングルから展開しているマットレスであれば二枚でクイーンサイズとなります。マットレスの高ささえ同じであればお互いが好みの硬さのベッドで休むことができ、眠りが浅い方にとっては相手の寝返りによって起こされることもなく、より質の高い眠りを得られるというのです。

売り場では実際に硬さの違う二枚を繋げたように置いている場合もあるので試してみるのも良いかもしれません。

イメージ

まとめ

毎日の疲れをしっかり癒すためには質の高い眠りが必要です。

そして、質の良い眠りを得るためには自分にあったマットレスが非常に重要です。

一度で決められないほど迷ってしまっても、納得のいくまで試してから購入すれば快適な眠りが待っています。

どんなベッドがあるのか?1300点以上の商品掲載!「ベッド買うなら見ていって」も参考にしてください。

【通販】人気の売れてるベッドを中心に、1300点以上を展示しています。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket