スポンサードリンク

話題のアマニ油

知ってますか?オメガ3のアマニ油

最近テレビで取り上げられて話題になっているアマニ油のことをご存知でしょうか?

アマニ油とはアマといわれる植物の種子から採取した油で、その効果はダイエット、認知症予防、アレルギー予防、アンチエイジング効果、糖尿病予防、癌抑制効果と夢のような効果のある植物なんです。

そのアマニ油に含まれているのが不飽和脂肪酸といわれているオメガ3脂肪酸です。

このオメガ3脂肪酸は体内で生成されない必須脂肪酸といわれるもので、これに含まれるオレイン酸・アルファリポ酸・DHA・EPAなどが人体に良い影響を与えてくれます。

これらの脂肪酸は青魚や野菜などにも含まれているのですが、一番含有量が豊富なのがアマニ油です。

アマニ油は油とつくからカロリーが高くて脂肪になるんじゃないの?と思われると思いますが、アマニ油は体内で分解される油なのでたくさん摂取しても問題はありません。

むしろ、現代人に不足している食物繊維なども含んでいるため積極的に日常の食事にとりいれて摂取することでその効果を実感できるよぷになると思います。

特に面倒な料理方法は必要ありません、そのままアマニ油をスプーン一杯摂取できればOKです。あなたもアマニ油で健康的な毎日を送りませんか?

コレステロールを下げる!アマニ油

アマニ油にはたくさん効果があるのですが、あの中にコレステロールの低下作用があります。

不飽和脂肪酸といわれるアマニ油はコレステロールを増やしません、さらにアマニ油に含まれているオメガ脂肪酸に含まれるアルファリポ酸は体内のコレステロールを減らす作用があります。

アルファリポ酸は人間の体内に摂取されるとEPAやDHAという脂肪酸に変化します。

これらの脂肪酸は実際にコレステロール低下用の薬にも使用されている成分です。

飽和脂肪酸といわれるサラダ油や動物性の油は摂取すると体内でコレステロールとなり血液中で固まってしまいます。

その塊を溶かすことができるのがアマニ油に含まれているオメガ脂肪酸です。

コレステロールが高めで食生活に気をつけている人は、青魚などと一緒にアマニ油も一緒に摂取するようにしましょう。

アマニ油は加熱せず、生のまま食べることで効果がありますので、青魚のお刺身と一緒に摂取することで相乗効果が得られます。他にも豆腐やサラダなどにそのままアマニ油をかけて食べるたり、ヨーグルトにかけて食べるのもオメガ3脂肪酸が効果的に摂取できますのでおすすめです。ちょっとした工夫でアマニ油は食事に取り入れられますのでどんどん摂取しましょう。

脳梗塞・認知症の予防に!アマニ油

アマニ油が脚光を浴びたのは実はアマニ油に含まれているオメガ脂肪酸のなかのアルファリポ酸が体内でDHAやEPAという脂肪酸に変化し、認知症の症状緩和に効果が出たという研究結果が発表されたからでした。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

DHA、EPAといえば青魚に含まれている脂肪酸で、血液中のコレステロールの低下や高血圧の予防などに効果があることが立証されていたいのですが、DHAやEPAが脳の情報伝達回路をスムーズにするというのが科学的に発表されたのは始めてのことでした。特に、アマニ油が脚光をあつめたのは青魚よりもはるかに多い含有量をDHAとEPA量でした。

DHA・EPAは不飽和脂肪酸という体内で固まらない脂肪酸なので血液中で血栓を溶か効果もあり、脳梗塞の予防にも効果があります。

青魚が食べられなくなったお年寄りの方や青魚が苦手な方でもアマニ油であれば普段の食事に加えることでその効果を実感することができます。アマニ油は酸化しやすいので

なるべく冷たい食べ物といっしょに摂取するのがおすすめです。サラダやお刺身の上にそのままかけて食べたり、納豆にまぜて食べたりすることでその効果がたかまります。

家族の健康のためにもアマニ油を積極的に食卓に取り入れるようにしてみましょう。

日々の暮らしで、カンタン摂取!

アマニ油はサラダ油やココナッツオイルと違い、独特のえぐみが特徴です。これが苦手でアマニ油が苦手だという人もいますが、アマニ油に含まれるオメガ3脂肪酸の健康効果を考慮した場合、摂取しないのは損だといえます。

ここでは我が家でも実践しているアマニ油の摂取方法について解説いたします。

●朝起きたらヨーグルトに混ぜて食べる。

アマニ油にふくまれるオメガ3脂肪酸は酸化しやすいため加熱調理には向いていません。ですのでつめたい食べ物と一緒に摂取するのが望ましいとされています。

ヨーグルトに油はミスマッチと思われそうですが、アマニ油は腸内で善玉菌を増やす作用もありますので一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。もちろん、味が苦手だという場合はオリゴ糖などを足して甘くしても大丈夫です。オリゴ糖も善玉菌を増やす作用がありますので腸内環境の改善に大きな力を発揮してくれえるはずです。

●オリジナルドレッシング

アマニ油にポン酢を混ぜてオリジナルのドレッシングを
作るのもおすすめです。ポン酢はアマニ油のえぐみを消してくれますので
苦手な方でも食べやすくなります。またお刺身などにかけても
大丈夫です。同じアルファリポ酸を多く含むオリーブオイルと一緒に
使うと味がまろやかになりカルパッチョとしても食べられます。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket