スポンサードリンク

人気の大衆中華料理店「餃子の王将」はうまさが最高です!

餃子の王将の国産へのこだわり

王将の美味しさへのこだわりを知っていますか?

王将の美味しさは、肉、野菜、小麦、ニンニクなどの材料を、きちんと管理しているところから生まれます。

餃子に使用する豚肉、小麦、キャベツ、にら、ニンニクはすべて国産で、外国産の品質の劣るものや健康被害の危惧がある材料は一切使用していません。

ラーメンに使う小麦と卵もその品質を厳しく。チェックしています。

王将では、セントラルキッチンというシステムを導入し、それによって、どの店舗にもその日の早朝に材料を届けることが可能になりました。

セントラルキッチンのおかげで、材料はより新鮮な状態で店舗へ運ばれ提供できています。

さらに、前日からの作り置きはしておらず、王将の餃子は全てその日の朝に包まれています。作りたてのおいしさは王将ならではの魅力です。

さらに、王将は徹底した現場主義を貫いており、その店ごとに地域にねざした味を研究しています。

たとえば、学生と会社員では食べたいものが違っていたり、関西と関東で人々の味の好みが違うように、地域によるニーズをしっかりつかみ、その店舗に訪れるお客様がよりおいしいと感じる味を日々調整しているのです。

そして、食材の味付けに加え、出来たてのおいしさというものにもこだわりがあります。
王将の料理は注文すると、とても速いスピードで提供されます。

活気のある店内で、料理人が手早く調理し、中華鍋をごとごと揺らしながら、じゃーっと強火でいためる姿はパフォーマンスとして眺めても楽しいものです。

目の前で作られたできたてをすぐに食べられることが、王将の美味しさにつながっています。

ぎょうざのおいしさの秘密

餃子

王将の目玉商品はなんといっても餃子ですがそのうまさにも秘密があります。

餃子の具材には新鮮なニラ、肉汁のぎゅっと詰まった豚肉、みずみずしいキャベツが使われています。そレに加えて、食べた人が一番存在感を感じるのがニンニクです。

王将の餃子が他のどんな店の餃子よりもニンニクをたっぷり使用しているのをご存知ですか。

ニンニクはただ美味しいだけでなくその香りが食欲を促進し、肉の生臭みをなくし、スタミナを付けてくれる働きをします。

皮はもちろん国産小麦を使用し、丁寧にこねられたこだわりの皮です。

具材の分量も皮とのバランスを考えて、ちょうどいい量が計算されています。

多すぎると焼き上がりのパリッとした食感が弱まりますし、少なすぎると食べた時にすかすかで、ジューシーさに欠けます。

さらに、餃子一個の大きさは、口に入れた時に一口よりもほんの少し大きいサイズで、食べた瞬間の満足度が高くなるようになっています。

餃子のたれもちょうどいい塩加減に調整されて、お好みでお酢なども追加できます。
(お店によっては、味噌ダレも置いています)

そして、餃子のおいしさをもっとも引きたてるのはその焼き方です。

王将は一日に何百もの餃子を焼くための専用の中華鍋を用いています。

これは家庭ではどうがんばっても真似できない部分です。

弱火から強火まで幅広く火力が出せる業務用コンロと、長年餃子を焼き続け腕を磨き続けた料理人のテクニックでしか出せない美味しさを、王将の店では味わう事が出来るのです。

また、お願いしたら、両面焼きで全体をカリカリに焼いてくれます(忙しいときは遠慮してね)

私のおすすめメニュー

王将で食べた中で私の好きなメニューをご紹介します。

一つ目は牛骨塩ラーメン。

牛骨塩ラーメン

牛骨塩ラーメン

定番のメニューですが、牛骨のあっさりしたスープとそのシンプルな味付けで、何杯食べても飽きません。塩加減が絶妙ですが、お好みでコショウをふればさらに引き締まった美味しさになります。

卵をしっかり練り込んだ細めの麺なので、つるつると喉ごしよく食べれてしまいます。スープも美味しくて脂っこくなく、全部飲み干してしまうほど。牛骨塩ラーメンは外せません。

ただし、西日本では提供されていません。西日本なら「日本ラーメン」でしょうか。白だしの風味にプラスしてかつお節のコクとさっぱりした味。素材も国産にこだわったラーメンです。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

二つ目は酢豚です。

酢豚

酢豚

お腹がとてもすいている時や、がっつり食べて力を付けたいときにお勧めのメニューです。酢豚を食べればパワーが出せるようになります。大きめの肉がゴロゴロ入って、安い値段なのに高い満腹度がえられます。

大きくカットされた野菜がまた美味しくて、火はしっかり通っているのに、しゃきしゃき歯ごたえがありますよ。酢豚のわき役の玉ねぎとピーマンに、しっかりからむ甘ずっぱいタレがたまりません。

天津飯もお腹にたまるメニューです。

天津飯(関西)

天津飯(関西)

ご飯ものの中では特に食べやすく、とろみ付きの甘めのタレが、ふわっとした分厚い卵にからみあい口へ運ぶと優しい味がします。
オット、関西版の天津飯は、かつお風味のあっさりしたタレです。

天津飯の卵は、特別にフワフワしています。ご飯と卵をタレでくるんで、大きめのスプーンで一気にかきこむようにたべれます。

食後のデザートには杏仁豆腐がいいですね。

杏仁豆腐

杏仁豆腐

しっかり食べた後の〆のメニューです。杏仁豆腐のつるりとした触感が大好きです。一口サイズで食べやすく、甘ったるすぎない爽やかなシロップの味付けなので、満腹だと思っていてもつるりと食べたくなりますね。

また、餃子の王将ではこれまでは安くて量が多いイメージでしたら、最近では「ジャストサイズ」といって、餃子なら3個、炒飯や天津飯も半分の量で注文できる。

量は少なくても、種類を楽しみたい方にはぴったりのメニューです。

王将のお得情報

試食券付き新聞広告

試食券付き新聞広告

餃子の王将は、毎月フェアを開催されます。
フェア中のメニューが割引されるものですが、フェア開催の告知を新聞で広告掲載されます。(一部地域を除く)

毎月1日と16日の朝刊で掲載される新聞広告には、餃子1人前に利用できる「試食券」がついています。

その券を持っていくと、餃子を1人前だけ無料で食べることができます。フェアメニューに加えて、お得に食べることができます。

また、「ぎょうざ倶楽部」の会員が募集されると、スタンプカードを受け取り、募集期間中にスタンプ20個集めるとその場で会員証をもらえます。

会員証があると、利用料金の5%割引やお誕生日に1,000円割引券、抽選で2,000円分のお食事券をもらえたりと、特典があります。

しかし、会員証は毎年スタンプを集めて登録しないといけないのでご注意ください。

店舗検索は、餃子の王将ホームページ http://www.ohsho.co.jp/

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket