スポンサードリンク

失敗しない一人暮らしのベッド選び 女性向けの3つのポイント

現代では、女性の社会進出が増えてきています。

中には、課長や係長などの役職についている女性も少なくありません。

それだけ優秀な女性が増え、同時に会社でも女性が働きやすくするため、子供がいる場合には時短勤務などを可能にしたり、育児休暇などの福利厚生に力を入れるようなところも多くなってきました。

このような点も、女性が社会で活躍出来ることに関係しているかも知れません。

また、仕事だけでなく、大昔には珍しかった女性の独り暮らしなども、現代では少なくなく、社会に出ると同時に、独り暮らしをスタートする女性もいるようです。

ずっと実家で暮らしていたのが、独り暮らしになりますので、生活面などの心配がある反面、自分の城を持てたと言う喜びも大きくなります。

けれど、会社に勤めて初めての給料だと、やはり比較的安い場合も多く、生活するのにカツカツだと嘆く人も少なくありません。

そのため、比較的家賃が手頃なワンルームを選択する女性もいるでしょう。

その際には、一緒に家具も購入すると言うケースも多いものです。

しかし、この家具選びの中でも、特にベッドを選ぶ時には、次のような点にも気をつけたいものです。

部屋に入るぐらいの大きさのものを選ぶこと

ワンルームなどのベッドと言えば、大きさは限られているものです。

大抵はパイプのシングルベッドぐらいの大きさのものを選ぶ人が多いですが、中には、狭いベッドは窮屈だと言う理由から、かなり大きなベッドを選んでしまうケースもあります。

確かに大きなベッドは気持ち良いものですが、ワンルームの部屋に大きなベッドを置いただけで、圧迫感も大きくなりますし、生活もしにくくなります。

また、ベッドを部屋に運ぶ時には、部屋の中に入りきらない、もしくはトラックの荷台に積み込むことが出来ないなどのトラブルの原因になる可能性もあります。

そのため、ベッドを選ぶならば、まずは部屋の大きさを図ってからにしたほうが無難かも知れません。

折りたたみ式のベッドは便利?

折りたたみ式のベッドは便利だけどほとんどは折りたたまずにそのまま放置していることもあります。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

それに、ワンルームが狭いからと言って、最近では、スペースを上手く使うために折りたためるベッドなども人気になっています。

来客がある時などは、降りたためれば、その分のスペースも空きますし、ゆっくりと快適に足を延ばすことも出来ます。

ワンルームに住む人にとっては、折りたたむが出来るベッドは何かと役に立つものでもあります。

しかし、こちらの折りたたみ式ベッドの問題と言えば、折りたたむのが面倒なため、ついついそのまま出しっぱなしにしている人も多いと言うことでしょうか。

出しっぱなしのベッドの上に着替えが散漫していたり、椅子替わりに使って汚れてしまったりすることもあります。

ベッドに山積みの洗濯物がのっかっていれば、やはり見苦しいものですので、使わない時はこまめにたたんでおく癖をつけておきましょう。

低いタイプのフロアベッドは?

低いタイプのフロアベッドは下のスペースが活用できないこともあります。

その他にも、女性のワンルーム暮らしにぴったりのベッドとして、フロアタイプのようなベッドもあります。

高さが無いため、部屋を広く見せることも可能ですし、脚が悪い人には、フロアベッドはとても便利なものでもあります。

けれど、このフロアベッドでは、高さのあるベッドと比べて、床下に収納が出来ないなどの点もあります。

荷物が多くて大変だと言う女性には、このようなベッド下のデッドスペースを収納として利用することもありますので、やはりフロアベッドは使いづらい、荷物が片付かないなどと悩んでしまうこともあるでしょう。

このような点からも、ベッドを置くときには、ぴったりのものを選ぶようにしなくてはいけません。

まとめ

上記のように女性の独り暮らしのベッドには、どのような点に気をつけたら良いのか、ちゃんと慎重に考える必要があります。

まずは部屋の大きさを図り、高さはどれぐらいまでか、下に荷物が収納できるのか、折りたたみ式ならば部屋のどこに置くかなどと言った点も考えておきましょう。

【通販】人気の売れてるベッドを中心に、1300点以上を展示しています。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket