スポンサードリンク

ダブルベッドかクイーンサイズか?利点・欠点はなに

毎日の布団の上げ下げが嫌になることはありませんか?疲れていたり、急いでいるとそのまま敷きっぱなしになっていたりします。衛生的にも悪く、一日もだらだらとした一日になってしまいます。

そんな時は、ベッドが欲しいと思いませんか。また、家を新築したりした時など、新しいベッドがほしくなったりしますよね。

ベッドは、お部屋の環境やベッドにどんな役割を求めるかで選びかたも変わってきます。
ベッドを購入するときは、失敗しないように、選びかたを知ってから購入するようにしましょう。

ベッドのサイズの選び方

ベッドのサイズで選ぶ時に、ダブルサイズかクイーンサイズで悩む人が多いようです。シングルサイズとダブルサイズは、よく耳にする言葉なので、わかりやすいですが、クイーンサイズはあまり聞きなれないので、迷ってしまうようです。

ベッドの二人用のサイズには、ダブルとクイーンとキングがあります。
ダブルベッドかクイーンベッドで迷う時は、寝る人数が最も大事になります。特に新婚さんで子供が生まれた場合、子供と添い寝をして一緒に寝ることになると思います。ダブルベッドは、大人二人が寝れるサイズしかないので、三人で寝るのにはとても窮屈になります。

ただ単に添い寝だけを考えてクイーンを選んでも、サイズを見て驚くことがないように性格なクイーンサイズの大きさを肥握しておくようにしましょう。
ベッドを買う時は、ベッドのサイズがどれぐらいの大きさなのか、部屋にベッドのサイズを置くペースがあるか、ヘッドを運ぶときに扉のサイズがあうかなども確認をしておきましょう。

ダブルサイズの利点、欠点

ダブルサイズのベッドの利点は、クイーンサイズより、省スペースで確保でき、価格を少しでも安く抑えることができます。ダブルサイズは一般的に多いので、カバーなどの種類が豊富なため色々と好きなカバーを選ぶことができる。お手入れも比較的楽になります。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

ダブルサイズの欠点は、想像していたより寝てみると狭く感じる、振動が安定していなくて、相手に振動が伝わりゆっくり寝れないこともある。マットレスが大きく、掛け布団が一枚になる。

クイーンサイズの利点、欠点

クイーンサイズの利点では、広々としてゆったりと眠ることができます。寝返りをしても相手に振動が伝わらないので、相手を起こすことなく、ぐっすり寝れます。
マットレスがとても楽で、掛け布団を2枚にすることができます。

クイーンサイズの欠点は、サイズが大きいので部屋のスペースをとってしまいます。
値段がダブルサイズよりも高く、カバーの種類が少ないので、好きなものが選ぶことができず、限られたものしかありません。
お手入れもダブルベッドより面倒になります。

まとめ

ベッドのサイズでダブルにするかクイーンにするかで迷うときは、何を一番重視したいかで決めるとよいと思います。ゆったりと眠りたい人は、カバーやお手入れ方法が多少面倒でも快適に寝れる事を考えると苦にならないと思います。

比較的多く使われているダブルサイズなら部屋の確保も十分にできますし、自分の気に入った布団カバーなどでお部屋をコーディネイトもできますし、子供が生まれると手入れが楽なのがよいかもしれません。

ダブルサイズにはダブルの良い所、クイーンサイズにはクイーンの良い所がありますので、何を一番重視したいかで決めるとよいと思います。それを考えて値段を考慮して決めながら失敗しないベッドを選んでください。

【通販】人気の売れてるベッドを中心に、1300点以上を展示しています。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket