スポンサードリンク

お父さん。得意のDIYでも熱中症の危険が!

夏本番、カッコいいと言われる為にも熱中症対策には万全の準備をしたいですね!

そこで、これから始めるDIYの準備が参考になれば仕上がる物も一味違いますよ。

先ずは、室内でのDIYに注意する事とは?

よく高齢者や幼いお子さんが、室内でも熱中症になったニュースを見かけます。

これは、喉が渇く感覚が原因の1つになっています。

直射日光に当たらないから、水分補給は必要無い!?

こんな間違った経緯も、室内の熱中症に影響しているのでしょうか?

「若い男性なら関係無いね!」

こんな軽いノリで、慣れないDIYを夏に行うと危険な事を知りましょう!

それは、同一室内条件でも”慣れない”と”集中する”が重なるのがDIYなんですね…。

自分で決めたルールは、直すと作るに集中してしまうのがDIYです。

そこには、真夏の室内で作業するを忘れていまうケースが多いんです。

「後少しで完成だ?」

「汗だくなのは、DIYではカッコイイぜ!」

こんな勘違いが、段々と集中力と体力を奪ってしまいます。

やはり、時間やルールを決めて”休憩する事”が熱中症対策には必要な場合は多いですよ。

仕事とは違い、適度な休憩時間が決められていないのがDIYの弱点です。

改めて、真夏の室内DIYでは大事な事だと知りましょう。

屋外では、もっと注意が必要なDIY作業になりますね!

室内でも、熱中症対策には気を遣う事多い事が分かると思います。

では、真夏の屋外でのDIYはどうでしょうか?

「水分補給をしっかりだね!」

「炎天下の作業には、帽子やタオルが必要!

そうです。
これらに加えて、時間制限と”適度な”水分補給は必須な条件になります。

当たり前の危険な作業には、春先より慎重な場合も出てきます。

今述べた内容に注意すれば、安全なDIYが出来そうですが…野外DIYには思わぬトラップがあるんです…。

それは、良くも悪くも”ギャラリーの存在”ですね!?

慣れないDIY…しかも真夏の作業をしているお父さんの前に現れるのが見物人(ギャラリー)ですね。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

「おっ、壁の修理ですか?」

「暑いにの、頑張るね!」

こんな風景は、簡単に想像出来ると思います。
そこで、真夏の慣れないDIY初心者は…ハリキルモード全開”になってしまいます。

「真夏は日も長いし、全部終わるかも!?」

こんな勘違いは、野外DIYの注意点もすっかり忘れているパターンがありますね。

汗だく・休憩時間を取らない(昼ごはんも無い)で、気が付けば頭も体もフラフラ状態に!

そして、最悪は熱中症で病院にお世話になってしまうです?。

変な話ですが、見物人の何気ない言葉は影響力が大きいんです。

例えば。

「隣の家の旦那さんは、この作業をたった一日で仕上げたよ!」

悪気の無い・知識の無い発言は、時に頭をヒートアップさせる原因になってしまいます。
くれぐれも、装備品と心の準備は万全がおススメですよ。

ちょっとカッコいい「空調服」も自慢の装備品では。つなぎ服でも涼しいんです。

まとめ

真夏意外でも、熱中症は起こりえる問題になっています。

これは、地球温暖化が影響しているのは確かです。

しかし、それだけは無く”自己管理能力”の必要性を訴えたいですね。

これからDIYを始める人。

もうプロ級のDIY職人。

それでも、真夏に作業をする事は判断能力が低下する傾向にあります。

基本的な準備は勿論ですが、近年では様々なグッズが登場しています。

毎年発売される、熱中症対策グッズはチェックはしておいて下さい。

もしかしたら、人気がある場合でも…あなたには”ハズレのグッズ”もあるかも知れません。

それでも、ベストアイテムは必ずあります。

今回の真夏のDIY熱中症対策で、素敵な出会い(完成品とアイテム)はカッコいい「空調服」ではないかな?ブルゾンタイプやつなぎ服。一度見てみてください。

空調服専門店へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket