スポンサードリンク

女性はベッドを小さめ&収納付きがいいかも!

一人暮らしの女性の部屋になくてはならない家具のひとつがベッドです。

でもベッドって大きいので結構スペースをとってしまいますよね。

女性なら、収納やインテリアにだってこだわりたいものです。

そんな女性におすすめのベッドを選ぶコツをご紹介します

<スポンサードリンク>




狭くてもベッドは置きたい!

ベッドはどうしてもお部屋のスペースのほとんどを占領してしまうものです。
ついついデザイン性を重視して選んだベッドが、実際には部屋に入れると大きすぎて邪魔でとても困ったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。

とくにぽっちゃり体型でない限りは、女性にはシングルサイズまたは、セミシングルサイズのベッドがおすすめです!

セミシングルならすっきり置ける!

女性の一人暮らしであれば、ベッドサイズはシングルサイズで十分といえます。

シングルサイズの一般的な横幅サイズは、100センチです。

狭いお部屋にも十分おけるサイズではないでしょうか。

また、細身のスリムな体型の女性であれば、セミシングルサイズをおすすめします。

セミシングルサイズは、横幅サイズがわずか80センチなのです。

このサイズであれば、狭いお部屋でもかなりすっきりとベッドを置くことができちゃいます。

長さもチェックしよう!

ベッドの一般的な長さは、195センチですが、身長の低い女性にはこんな長さは必要ありません。

長さが180センチのショート丈サイズで十分といえるでしょう。

このベッドの長さは、設置する場所にもとても影響してきます。

例えば、壁に沿ってベッドを置きたいと思っても、ベッドが長すぎて置けなかったり、ドアのところまでベッドがきてしまって、ドアが開かなくなったりというトラブルが発生してしまいます。

ほとんどのケースが、あと10センチ短かったら入るのに!という感じなのです。

ですから、ショート丈サイズのベッドであれば、ベッドを置く位置を選ぶ選択肢も広がり、お部屋の模様替えもしやすくなりますよ。

ベッド下を有効活用できる!

ベッドを選ぶ際に、サイズとともにチェックしておきたいのがベッド下のスペース、つまり高さです。

なぜならこのスペースが、収納として活用できるからなのです。

この高さが高いほど、収納スペースとしても大きく使えます。

もともとベッドに収納引き出しがついているものであれば、きれいにスッキリ収納できますね。

また、ベッドに収納引き出しがついてなくても、自分のインテリアの好みにあった収納ボックスやかごを使用して、おしゃれに収納することも可能です。

実はベッド下は長さもあるので、普段使わないカーペットをくるくる丸めて収納しておいたり、かさばる毛布やシーツなども十分収納できるうえに、外からは見えませんからかなり有効に使える収納スペースなのです。

女性には小さめで収納つきがぴったり!

狭いお部屋にもベッドを置きたいという女性には、コンパクトサイズで収納機能を備えたベッドがもっともおすすめということになりますね!

ベッドのスペースがすこしでも小さくなれば、お部屋が広く感じてよりくつろげるようになります。

また、インテリア云々よりも、まずはスッキリと整理整頓されているお部屋であることが重要です。

しかしひとり暮らしのお部屋というのは、収納スペース自体がとても少ない物件が多いものですから、ついつい部屋全体がモノであふれかえってしまうという風になりがちです。

ベッド下に収納スペースがあると、そこにかなりのモノをしまうことができますから、あるとないとではずいぶんと違ってきます。

女性向きのベッドには、おしゃれで可愛らしいデザインのベッドもたくさんあります。

これからベッドをお探しの方は、ぜひ小さめで収納つきのベッドを選んでみてくださいね!

 
<スポンサードリンク>

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket