スポンサードリンク

初めての野外バーべキューのやり方

バーベキュー

バーベキューに行くのに揃えたいモノ

バーベキューに行くのに揃えたいモノ

野外では普段の生活とは違った雰囲気があるので、いろいろと楽しみが倍増します。

ドライブなどでバーベキューを楽しむことでも、気分が一新します。

特に野外での食事は、新鮮な空気に包まれて、より美味しく食事ができます。

バーベキューは焼きたての野菜や肉などの食材を食べることができるので格別。

初めてバーベキューをしたいという人は、少し注意点や準備に気を付けることでより安全で楽しいバーベキューが楽しめます。

お薦めは、通販サイトで焼肉・BBQセットを利用すると、簡単で美味しいお肉を楽しむことができます。

BBQセットなら、特性のタレに漬けたハラミと華咲きひとくち牛モモがセットになっているので、めんどうな下準備が要らず、焼くだけで美味しく食べることができます。

食材は低温で保存できるクーラーボックスがあると安心です。

タオルが数枚あると、熱いものを持つときには手袋がわりになり、濡れたものを拭いたり、いろいろ使えて便利です。

まな板や包丁など料理用の道具も準備すると便利ですが、切ったものを持参すればすぐにバーベキューに取り掛かれます。

取り皿などにアルミホイルを被せて使えば、同じ皿でデザートまで食べることができるので食後のゴミが少なくて済みます。

火のおこし方

さー、目的地に到着。荷物を降ろしてみんなで準備。そして。

べーべキューで一番の大事なのが火おこしです。

ここで失敗したり時間がかかりすぎると、せっかくのバーベキューの雰囲気が覚めてしまって、気まずい雰囲気になってしまいます。

バーベキューで使う燃料としては、チャコール(炭)、ガス、ガソリンなどがあります。

それぞれに合ったコンロを選ぶことが大事です。

着火剤も便利ですが扱い方を間違えると危険です。

きちんと正しい使い方で利用しましょう。

初心者にとって、扱いやすい燃料は黒炭です。

着火剤はゼリータイプの着火剤を使う場合は、火をおこそうとするところに渦状にぐるぐると塗っていきます。

イメージ

<イメージ>

しっかり、たっぷり使うようにしましょう。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

固形の着火剤を使う場合には、火をおこそうとするところに米印になるように並べて置きます。

少な目より多めがいいでしょう。

着火剤の準備ができたら、その上に炭を置いていきます。

この時、ぎっしり詰めると空気が通らなくて火が回りません。

空気の通り道ができるように適当に隙間を空けることも大事です。

着火は先が長いチャッカマンなどを利用すると安全です。

少し火が落ち着いてから煽いで火力をつけます。

全体的に火が回って炭が白っぽくなったら、火おこし完了です。

バーベキューを始める前に大きめの炭を下の方に潜り込ませておくと火が長持ちします。

<スポンサードリンク>
スポンサードリンク

おいしい焼き方

火が上手におこせたら、バーベキューがスタートします。

亀山社中の焼肉・BBQセットを利用すると、簡単で美味しいお肉を楽しむことができます。

特性のタレに漬けたハラミと華咲きひとくち牛モモがセットになっているので、めんどうな下準備が要らず、焼くだけで美味しく食べることができます。

イメージ

マーブルセラコールを利用すれば、お肉も野菜もきれいに焼けて高級焼き肉店のようです。
野外でのバーベキューにも利用できるマーブルセラコールですが、煙が出ないで調理ができるという特徴があります。

このため、野外だけでなく室内でも使うことができます。

余分な脂は受け皿に流れて行くので、焦げ付かずに美味しいお肉を食べることができます。

通販サイトでは美味しいお肉とマーブルセラコールを購入することができて便利です。

食材は低温で保存できるクーラーボックスがあると安心です。

タオルが数枚あると、熱いものを持つときには手袋がわりになり、濡れたものを拭いたり、いろいろ使えて便利です。

まな板や包丁など料理用の道具も準備すると便利ですが、切ったものを持参すればすぐにバーベキューに取り掛かれます。

取り皿などにアルミホイルを被せて使えば、同じ皿でデザートまで食べることができるので食後のゴミが少なくて済みます。

<スポンサードリンク>
スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket