スポンサードリンク

自分の家族の安心のために「ペット保険」を考えて。

ペット保険ってなに?

人間社会も高齢化が進み、病気にかかるリスクも高くなります。

でも、人間なら国民健康健康保険や後期高齢者保健で安く医療が受けられます。

最近、ペットも私たちにとっては家族同様の存在となり、その家族が病気にかかればどんなことをしてでも治療したいと思うのは同じです。

でも、ペットには健康保険もなく、治療には高額な費用が掛かってしまします。

そんな家族同様のペットにも、人間と同じように、ペット病院での診察や入院、手術などの医療費用を補償してくれるのが、ペット保険です。

補償の内容は、保険の種類によって違いますが、ほとんどの保険は、診療費、手術費、入院費などが対象となってます。

でも、病気の種類や診察内容によっては、保険がきかない場合がありますので、加入時に補償される内容を詳しく調べて加入する必要があります。

また商品によっては病気以外でも、ペットが人にけがをさせたり、お店の商品を壊したりしたときの賠償金の負担額を補てんできる損害賠償保険の特約を付けられるものもあります。

なぜ保険が必要?

ペットが病気になって病院で診療を受けることは、自由診療といい、治療費は全額飼い主が負担することとなります。

医療技術が進んだ現代、ペットも心臓病やがんなどの重い病気の治療できるようになり、高齢化が進んだペット社会では、治療費の負担がどんどん大きくなります。

子犬だって、特に環境の変化で体調を崩したり、飼い主がなれない時期は小さな体調変化に気が付かず思わず大病になったり、異物を飲んだり、ケガをしたり。

どちらにしろ、高額な治療費を覚悟しておかないとなりません。

公的な健康保険制度がない家族の病気。そんなときの医療サービスの補償に、大切な家族のために準備しておくと安心です。

どんなペットでも入れるの?

保険の種類によって違うようです。

多くは、犬や猫のみの対象となる商品が一般的ですが、他にも、鳥、うさぎや、さらにカメやハムスター、イグアナなんかも対象としている保険もあります。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

ただし、どの保険も加入時のペットの年齢が制限されるのは、人間の保険と同じで年齢が高くなるほど保険料が高くなります。

勿論、加入後の継続契約も年齢によって制限があります。13歳や14歳までとかの保険会社がありますので、確認が必要です。

どこの病院で使えるの?使い方は

全国すべての動物病院で受けた治療費が保険の対象です。

基本的には、治療費は一旦飼い主が全額負担して、請求書類を保険会社へ送付すると後で保険会社からその費用を支払われる仕組みです。

保険会社によっては、人間の健康保険のように病院の受付で「どうぶつ健康保険証」を提示するだけで保険請求できるものもあります。

保険料はどのように決まるの?

ペットの種類、年齢、体重によって保険料は決まります。
人間と少し違いますが、おおむね
体格の小さい子より、大きい子の方が保険料が高い。
体重が軽い子より、重たい子の方が保険料が高い。
年齢が若い子より、年をとった子の方が保険料が高い。

となっています。

ペットの種類のいよっては、体重や年齢ではなく、ペットの種類のみで決まる場合も保険会社によって違います。
人間の医療保険と同じように、補償内容と保険料のバランスが大切です。補償が厚いと保険料が高くなり家計にひびきます。

また、診療項目によっては保険料支払いの対象外となる場合もあります。

今は、ペットブームで様々な保険会社がペット保険を販売しています。

ペットの特性や補償内容を、特約など、自分の家族の安心のために検討してはどうでしょうか。

◎ペット保険の比較⇒

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket