スポンサードリンク

大人のデートスポット「海遊館」

海遊館の楽しみ方

9e7e620dca8426e92a14c3d28816f2d3_sUSJが屋外でハイテンションのデートを楽しむ場所なら、海遊館は室内でしかも青を基調した色使いなので、しっとりとした落ち着いた大人のデートを楽しむ場所だと思います。
特に入り口のアクアゲートから始まり・日本の森・アリューシャン列島・モンタレー湾・パナマ湾・エクアドル熱帯雨林etc…..と続く一連の展示の流れは、二人で楽しくむ海底散歩のような気分してくれます。

館内には人気者のジンベエザメやピラルクやオウサマペンギンやカマイルカなど620種、30000点の海の生き物たち展示されいて、そのダイナミックに泳ぐ姿をシンプルに楽しむのもよいし、二人で今まで知らなかった未知の生物や生き物の生態への知識を深めたりするのも良いかもしれません。

日本の森

日本の森

また、世界最大の旅行口コミサイトでアジアナンバーワンに選ばれた海遊館ですが、さらに現在は一時はメスの遊ちゃん一頭だけだったジンベエザメが、オスの海くんが今年の7月から加わりより魅力が増したと言えます。

その他、海遊館は周りが海ということもあり、夕方には夕日が美しいだけでなくて、周辺エリアには、世界最大級の規模を誇る天保山大観覧車がありカップルのームードを高めるのもいいですし、お腹がすいたら大阪の美味しいものが一堂に集まる、なにわ食いしんぼ横丁で、ゆっくり食事を楽しむの良し、また冬には水族館らしいイルミネーションが楽しめるなど、一年を通して周囲のエリアを含めて楽しめる、理想的なデートスポットと言えます。

おすすめのデートスポット

85fa8e59a95d96b4b256cb3f436533c8_sデートコースのプランとして海遊館を利用するのなら、夕方ぐらいに行くと良いです。

その理由は、海遊館の後ろの海が夕日で染まる夕方の時間は、ロマンティックな気分にしてくれるからです。まずは、海遊館に入場する前に、二人で夕日を見て、ロマンティックなムードを作るのがおススメです。

そして、夕日を見て高まった気分を、さらに魅力的にしてくれるのが夜の海遊館です。

夜の海遊館の魅力は、家族連れが帰宅するので昼間に来るよりも、落ち着いた気分で水族館で過ごせるのが嬉しいのと、ライティングが昼間の時間と変わるんですが、この照明が幻想的な夜の海の世界を上手く具合に演出してくれて、これは、カップルのデートの高揚感を高めてくれるので、夜に用事があって昼間しかいけないのなら仕方ないけど、デートのムードを高めてくれるのは夜の海遊館です。

0e5c6efb1fe6ce58205727b6ee27b488_sそして、海遊館を出た後にぜひ行って欲しいのが、海遊館に隣接する天保山大観覧車 です。世界最大級とも言われる高さ112.5mからの大阪の夜景の眺めは、ベタだけどデートにはこれしかいないと言える魅力があります。

また、この観覧車は今年から、光のアートというライトアップ演出を始めて、観覧車に乗り終わった後も、この光のアート見ながらデートの余韻を楽しむのも良いかもしれません。最期に、これからは、イルミネーションの季節なので、海遊館でもイルミネーションが行われるのですが、特に入り口入ってすぐの階段が海の青色の光で彩られて、デートの思いづくりの理想的な写真スポットなので、写真を撮影にピッタリです。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

コレだけは見ておいて

アクアゲート

アクアゲート

まず見てほしいのが、海遊館の入り口にあたるアクアゲートです。

その名の通り、全長11mのトンネル型の水槽でこれから海の世界に旅立つテンションを上げてくます。次に、見てほしいのが日本の森です。

ここではオオサンショウウオやコツメカワウソなどが見れるんですが、展示の仕方が細部まで日本の森そのものが再現されいるので、生き物達の姿を彼らが自然で生活しているのに近い形で見れるのが魅力です。

その次に見てほしいのが、タスマン海のエリアです。ここでは、カマイルカが見れます。イルカは泳ぐスピード感が抜群で写真には写しずらいですが、泳いでる姿に躍動感があって楽しいのと、人懐っこいところがあるので、すごくかわいいです。

ジンベイザメ

ジンベイザメ

そして、一番見てほしい場所は、太平洋の水槽です。ここは、海遊館の中でも断トツのスケールの水槽で一番人気のジンベエザメが見れます。

ジンベエザメはデカいですが、泳ぎ方は凄くゆっくりで水槽の周りグルグル円を描くように泳ぐので、同じ場所で待っていれば写真には撮りやすいですし、うまくやれば自撮りで背景に泳いでいるジンベエザメが映った写真なんかの撮影を楽しんでもいいかもしれません。

また、ここはジンベエザメだけでなくたくさんの魚が泳ぐのでスペクタクルなその眺めも魅力です。最期にちょっとディープだけど魅力的なのが、ふあふあクラゲ館です。ここはライティングが特別仕様で幻想的な姿のクラゲを見れて、アート作品を見るような気分にしてくれてカップルで行く人には特に見てほしいエリアです。

アクセス

大阪市港区海岸通1−1−10

入館料:通常
大人/2,300円(高校生・16歳以上)
子供/1,200円(小・中学生)
幼児/600円(4歳以上)
シニア/2,000円(60歳以上 要証明書)

入館料:年間パスポート
大人/5,00円(高校生・16歳以上)
子供/2,000円(小・中学生)
幼児/1,000円(4歳以上)

営業時間:概ね10:00~20:00 ※月のよって替わりますので、ご確認ください→

大阪市営地下鉄 :大阪駅・梅田駅からは御堂筋線「本町」乗換え、 中央線「大阪港」駅下車徒歩5分
※JR環状線「弁天町」駅で中央線に乗換えも出来ます。

USJから海遊館までシャトル船「キャプテンライン」で約16分
JRゆめ咲線「ユニバーサルシティ」駅下車、「ユニバーサルシティポート」⇔「海遊館西はとば」を片道乗船時間約10分。
※「海遊館西はとば」から海遊館へは徒歩1分、「ユニバーサルシティポート」からUSJへは徒歩5分。

大阪市バス:大阪駅からは88系、なんば駅からは60系で「天保山」行き
「天保山ハーバービレッジ」下車すぐ

お車:阪神高速湾岸線・大阪港線「天保山」ICより約5分

私のお薦め交通機関は、大阪駅からの大阪市バスです。土日は道も混雑無く、乗換えもありません。
特に、歩くことなく、下車後直ぐに海遊館です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket