スポンサードリンク

ベッドを買う時には高さが重要。ベッドの高さ選びのポイント

ベッドを購入しようと思っている方は、高さに注意して購入すると快適に過ごせるベッドを見つけ出せます。

基本的にベッドは低くても高くても使いにくい物となりますので、適正な高さが大切です。

どうやって適切な高さを選ぶのか、それは人によって身長差がありますので、一概には言えません。

しかし、自分自身に合ったベッドを見つけ出す事で快適に眠れるような寝具として使用出来るようになりますので、高さを意識する事に注意をしてください。

ベッドを購入する目的は?

ベッドを購入する時には目的を明確にしておく必要があります。

どんな目的で使用をするのかによって、最適な高さは変化していくものです。

そのため、まずはベッドを購入する目的を決めて下さい。

自分専用のベッド、介護用のベッド、子供向けのベッド。

非常に様々なベッドの種類がありますので、目的に合わせて最適な製品を探していけるようになります。目的を明確にしておく、それは非常に重要です。

自分用のベッドを購入する

自分専用のベッドを購入する時には、好みに合わせた高さで良いです。高めが好きな方は、腰程度の高さで十分でしょう。

そうすると、ベッドの下のスペースを物置などに利用が出来ますので、スペースの節約にもなります。

低めが好きな方は、膝から下の高さで決める傾向にあります。高めのベッドと比較をすると、スペースを利用する事は出来ませんが、すぐに寝転ぶ事が出来るなどの利点もあります。

子供用のベッドを選びたい

子供用のベッドを選びたい時には、高さはとても大切になります。

お子様の年齢に合わせる事は重要ではありますが、基本的には低い高さが良いとされています。

その理由は転落の危険があるからです。

乳児などの場合には柵がしっかりとしているベッドであり、大人の腰程度の高さであれば問題ありません。

乳児の場合には大人が面倒を見るので、大人の高さに合わせます。

乳児では無い場合には、転落した時の事を考えて低いベッドを選ぶ方が安全です。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

身長も低い年齢ですので、ベッドへの移乗が簡単であり、自分自身で行えるメリットもあります。

お子様が複数の場合には二段ベッドにする場合もあります。

その場合には高さを選ぶ事は難しいですが、柵だけは丈夫な物にしておかなければ安全ではありません。

介護用ベッドの高さは?

介護用のベッドの高さは、介護をする人の身長に合わせる事が最適です。

介護度にもよりますが、寝たきりの方の場合には、介護をする方の腰辺りが良いです。

自立可能な高齢者のベッドの場合には、低いベッド、高いベッド、どちらも選んではいけません。

腰周辺の高さに必ずして下さい。

自立が可能と言っても、転倒の危険がありますので、高さが非常に大切です。

椅子などの高さに合わせてみると、介護を受ける方の丁度良い高さが分かりやすいです。

柵も丈夫な物でないといけません。

介護用になると、電動で高さなどを調節可能なベッド製品はあります。

しかし、購入するとなると価格が高いので難しい方も多いです。

リースをする事も可能ではありますが、購入したい場合には、やはり高齢者の介護度、介護者の身長を考慮した上で選ぶ事が大切です。

まとめ

ベッドの高さを総合的に考えると使用目的に合わせる事が必要になります。

どのような目的でベッドを購入するのかが重要になりますので、ベッドを使用する方の身長に合わせる事が最適です。

購入する前には、まず、目的を明確にしてから、高さを考える事が最適です。

そして、高さ調節が可能なベッドを選ぶこともいいかもしれません。

【通販】人気の売れてるベッドを中心に、1300点以上を展示しています。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket