スポンサードリンク

ベッドの種類。選び方と選択肢いろいろ。

人間にとって大切な睡眠を快適で健康的な物にしてくれるアイテムの一つにべッドが有りますが、その種類は大変多く選ぶのに迷ってしまうと思われます。

そこでベッドを選ぶ場合の使い方のシーンに合わせて選ぶ事で選択肢を絞り込んで行く事ができます。ベッド種類や機能、素材等について調べて見ましょう。

ベッドを選ぶ基準は生活スタイルを考えて見ましょう

先ずベッドを選ぶ場合にはご自身の生活のスタイルを考える様にしましょう。

ご自身が独り暮らしなのか、家族や小さな子供がいて日頃から一緒に寝ているのか、高齢の方が使う物なのか。

これらの生活スタイルを基準でどの様なベッドを選ぶ事が最適なのかの選択肢を絞り込んで行く事が出来ます。

一人暮らしであればシングルサイズ、子供と一緒に寝る場合にはダブルやクィーンサイズ、ご夫婦でベッドをゆったり使いたい場合にはキングサイズ、お年寄りには低床タイプ等が使い勝手が良い等を考えると良いです。

ベッドを選ぶ場合大切なのは形状とサイズ

ベッドを選ぶ場合大切な事は、ベッドの形状とサイズです。

形状的にはフォロアーベッドタイプ、脚付きローベッド、更に一般的な高さのベッドになります。特に大切なのはベッドの高さになってきます。

低床のフロアベッドはお年寄りや小さな子供が寝るのには、万が一落ちてしまっても怪我をする心配が少なくなりますが、一方ではその高さが低すぎてお年寄りには大変である場合も有り、その場合には脚付きローベッドにする事も必要になります。

ベッドのサイズはセミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、クィーン、キング、ジョイント等があり、そのベッドを使用する人の人数や、体格等の合わせますが、ゆったりと眠りたい方はやはり大きめのサイズを選ぶと良いです。

又、ベッドには長さ方向のサイズも有ります。背の低い方にはショートベッドがお薦めで、一般的なベッドに比べスペースを有効的に使う事も出来ます。

逆に背の高い方にはマットレスの長さが205cmサイズの物も有りますので、ご自身の体格で選択肢を絞って行きます。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

ベッド下のスペースを有効活用する

お部屋にベッドを置いてしまうと、お部屋のスペースを大きく取られてしまいます。

又、置かれたベッドの下は、全く活用できないスペースになってしまいます。

そこでお薦めなのが収納付きのベッドです。これはベッドの側面に引き出しが付いている物で、洋服や小物を収納するのに適しております。

又、引き出し等は付いていなくても、跳ね上げ式ベッドであれば、ベッドの下に長い荷物を置く事が出来る様になり、スペースを有効活用出来ます。

ベッドはお部屋の家具と一緒でテイストを考える

ベッドは部屋の中に置いた時に、部屋のスペースを大きく取ってしまいます。その為、タンス等の収納や、お部屋の色合いを見ながらベッドの色やデザインを選択して行く事が大切です。

ベッドと言えば洋室のフローリングとお考えだと思いますが、和室等の畳の部屋でもおく事が出来ます。その場合には、和室に置いても違和感の無いベッドを選べば良いのです。

畳の敷いてある和室にスチール製のベッドでは違和感があると思いますので、例えば素材が「木」で有ったり、木目調のベッドを選ぶ、色合いはシックなダークブラウン等が落ち着きもあり、高級感を出してくれ和室でも違和感の無い物にする事が出来ます。

また、洋室でも、その部屋にあるタンス等の収納家具や、お部屋のドア、窓枠等の色に合わせて行く事で、お部屋全体の色合いに統一感が生まれます。

まとめ

ベッドの種類は数千点。その中から、形状とサイズ、部屋のサイズやライフスタイルに合わせてスペースの有効活用、そして自分のお気に入りのテイストを考えて選びましょう。

人の一生のうち、半分はベッドの中です。

特にマットレス選びは失敗しないようにお店を訪れ実際に触ってみたり寝てみたり、アドバイスを受けながら選ぶのもいいかもしれません。

【通販】人気の売れてるベッドを中心に、1300点以上を展示しています。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket