スポンサードリンク

肉だけじゃないバーベキューおすすめレシピのベスト3

おすすめレシピのベスト1

焼くと甘くてとろける白ネギはバーベキューには外せませんね。

白ネギをそのまま3センチ幅に切って、串に刺しても刺さなくてもそこはどちらでも好みで焼くだけの超簡単なお手軽バーベキューです。

そのままでも十分美味しいですが、白ネギを豚バラスライスでクルクルと巻いて、軽く塩コショウをしても美味しいですね。

これを豚バラスライスではなくてベーコンを使って巻く場合は、ベーコンそのものにしっかりと味がついているので、そのままでも十分美味しいですよ。

白ネギのベーコン巻き

白ネギのベーコン巻き

更に美味しく、もっと白ネギがとろける食べ方がもう1つあります。

通販で買ったマーブルセラコール。付属しているたこ焼き用のプレートがありますが、それを用意します。

そこにサラダ油を入れて白ネギを揚げてもおいしいですし、カロリーが気になる場合は近年流行っているオリーブオイルでアヒージョにしても美味しいです。

ここにスライスしたにんにくや、少しのトウガラシを入れると、美味しさはもっとパワーアップしますよ。

この場合の白ネギの切り方は、斜めに削ぎ切りする方が火の通りが早いのでおすすめです。
もちろん、そのままぶつ切りでも美味しさは変わりませんので自分の好みの切り方が一番ですね。

トウガラシを入れる場合は、1本丸ごと入れてしまうと、まるで罰ゲームのように痛いほど辛くなるので注意して下さいね。

おすすめレシピのベスト2

バーベキューの定番といえば、やはりたまねぎです。

たまねぎも白ネギと同様に、火を通すとまろやかな甘みが出てきて美味しくて、老若男女問わず人気のある野菜のひとつですね。

白ネギのようにそのまま焼いたり、豚バラスライスやベーコンで巻いても美味しいのですが、さらに美味しくて楽しい食べ方があります。

アルミホイルを用意して、この中に丸ごと包んで長時間放置するように焼けば、丸のまま豪快でジューシーな仕上がりになります。

他にはアルミホイルのなかにスライスしたたまねぎとキノコ類、ピーマン、鮭、バターなどを包んで焼くのも美味しいです。

ホイル焼き

ホイル焼き

ホイル焼きは色々なものが作れるので、子供も大人も好きなように具財を入れて焼くのは、どれが自分のかも分からなくなるのでロシアンルーレットのように1つだけ菅生者を入れておくのも盛り上がりそうですね。

たまねぎの入っているホイル焼きは、軽い塩コショウだけ振っておけば、そう簡単には失敗しない料理なのも良いですね。

一緒に入れて焼く材料として合うものは、他にはテーズ(スライスチーズ、ピザ用チーズなど)、短冊切りにして火の通りを良くしたじゃがいも、タラや鯛、スズキなどの臭みの出にくい魚やアサリ、ハマグリなどの貝、エビも美味しいですよ。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

おすすめレシピのベスト3

焼くことでうまみが出てジューシーになるのがキノコですね。

しいたけをそのまま焼いても美味しいですし、まいたけやエノキ、しめじも合いますね。
マツタケのシーズンでしたら、贅沢に1本焼いて食べるのもたまりません。

キノコ単品でも美味しいですが、もやしや卵、ピーマンなど一緒に焼けば美味しいものはたくさんあります。

キノコもたまねぎ同様に割りと何とでも合わせやすいので他の食材の邪魔にもならず、味付けも塩コショウだけでなく、しょうゆやミソ、バターなど様々な調味料と相性がいいです。

一番美味しいのは、やはりキノコは色々なうまみ成分のグアニル酸やグルタミン酸などが含まれているので、そのまま味付けせずに単に焼くだけで食べるのが美味しいというのが手軽で嬉しい食材です。

上記のうまみ成分は、糖類と合わさることで更に美味しくなるので、お酒を少し振りかけて焼くと更に美味しくなります。

他には、キノコとベーコンでバター醤油で焼いたり、焼いたキノコを塩昆布と敢えたり、白ネギと同じように豚バラスライスで巻いたり、マーブルセラコールアでヒージョにしても美味しいです。

ご飯でもパンでも、お替りしてしまうほど美味しいものばかりなので、自分の好みの焼き方・食べ方で色々な食べ方が楽しめるバーベキューならでわのキノコはオススメです。

でも、やっぱりお肉!

バーベキューはやっぱりお肉という方。

焼肉を美味しくするためには、肉の熟成・カット方法・タレの3つを上手く組み合わせてが大切です。

焼肉

スーパーで購入してきた焼肉用の肉に、市販のタレをかけて食べる焼肉であっても、ある程度美味しく食べられるでしょう。

しかし、氷点下で1日熟成させた熟成肉に隠し包丁を入れてタレを絡みやすくしたカットが施された肉を、素材とバランスを吟味して作られたタレに漬け込んだ肉を用意すれば、炭焼がさらにおいしさを引き出すしてくれます。

しかし、肉のカット方法を部位や肉質ごとに変えることは、美味しさが増すと分かっていても素人に真似出来るものではありません。

熟成肉が美味しいことはよく知られていますが、タレの絡み具合についても計算しなければ、最適なカットが出来るとは限らないわけです。

そんなベストな肉の熟成度合い、肉の部位に合わせた最適なカット方法、絡み具合を計算したタレの配合がしっかりとされた肉を、通販で買っておけば、あとは焼き加減を調整するだけで美味しいバーベキューが食べられます。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket