スポンサードリンク

私の京都散策「京都府伊根町-伊根の舟屋の旅」

伊根の舟屋を見て、泊まる。スローライフなあったかいひと時。

aki1s

若狭地方で名所と言えば、天橋立を思い浮かべる方も多いですが、伊根町の伝統的建造物、「伊根の舟屋」も有数の名所です。

ここは、『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』、『釣りバカ日誌5』、『NHK連続テレビ小説 ええにょぼ』など映画やドラマのロケ地としても有名です。

伊根浦舟屋群は、全国的にも珍しい景観で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

伊根町では船のガレージを舟屋 と呼んでいます。伊根湾に沿って230軒あまりの舟屋が建ち並ぶのです。

舟屋は、一階がいわば船のガレージで、船揚場、物置、作業場となっていて、二階が居間となった独特な建物です。舟屋は海にせり出して建ち並んでいるため、海から眺めれば、まるで建物が海に浮かんでいるようです。この舟屋は民宿や旅館として経営されているところもあり、泊まることができるのです。

伊根湾をめぐる遊覧船を丹後海陸交通バスが運営していると聞き、舟屋の宿にも泊まってみたいと、伊根町へと向かいました。

伊根町は丹後半島の東側にあります。京都丹後鉄道「天橋立駅」から丹後海陸交通バス伊根方面行きのバスで50分ほど揺られると、伊那湾めぐりの遊覧船乗り場最寄りのバス停で下車します。

inewanmeguri1-thumb-540x405-27

遊覧船は、九時から十六時まで営業しています。乗船料は大人一名680円です。伊根湾の海岸に沿って、遊覧船が進んでいきます。

すると、海の波間に並び立つように、海に浮かんだような舟屋が五キロほど伊根湾を取り囲むように続き、その景観は壮観です。

帰りは、外海からの波を防ぎ伊根湾を穏やかな波にして舟屋を守ってくれている青島のそばを通り抜けていきます。遊覧船の売店ではお土産物も売られています。新鮮な魚を使った焼きちくわあり、立ち歩きグルメとして最適です。

community cycle02遊覧船乗り場に、コミュニティサイクルのサイクルポートがあり、自転車を借りて伊那町内の名所をめぐることができます。伊那町内の四か所に、サイクルポートがあり、そこで貸出返却ができます。

旧伊根町役場を海へ出ると、左右に舟屋群が並びます。舟屋の立ち並ぶ道を進んでいくと、伊根航路の発着場所に着きました。

ここから、遊覧船で見た、対岸の舟屋が建ち並ぶ景観が広がります。その近くの伊根浦公園では、陸から舟屋群をまじかに眺めることができる絶好のフォトスポットです。

干しなまこストラップ

なまこストラップ

この周辺は、雑貨やお土産を扱うお店も多く、ショッピングを楽しむこともできます。


=========================================
<スポンサードリンク> =========================================

レアなお土産として驚きの「干しなまこストラップ」を発見。
生のなまこを2ヶ月かけて乾燥させたものだから、4、5日掛かるが上手く戻せは食べられます(遭難した時に便利ですよ)。

伊根漁港では、昔からブリなど様々な魚介が揚がります。伊根ブリとして江戸時代から名が知られています。一般の人でも、水揚げ場で魚を買い、お土産とすることができます。
夏は、牡蠣の養殖が盛んで大振りのカキが味わえます。夏は牡蠣、冬はブリが最高です。

伊根漁港を過ぎると、目的地の舟屋の宿がありました。民俗資料館前のサイクルポートで自転車を返し、宿へと向かいます。

本日は、1日一組しか予約できない「舟屋の宿 蔵」にお世話になります。自然との調和した、人のあたたかさかさを感じるお宿です。

舟屋の宿 蔵

舟屋の宿 蔵

お料理は、伊根湾で採れた魚介を中心に夕食をいただきました。伊根湾では、牡蠣などの養殖もおこなわれていたり、海藻もたくさん採れます。伊根湾の海のグルメが凝縮されています。

次の日。漁師のおいしい朝ごはんをお腹いっぱいいただき、バスで「舟屋の里公園」に向かいました。

舟屋の里公園

舟屋の里公園

ここからは、予約しておいた「舟屋の町並み観光ガイド」に観光案内をお願いしました。展望台から伊根湾を眺めた後、移動、伊根郵便局前から散策案内が始まります。伊根浦の歴史などの説明を受けながら、舟屋の内部を見学したり夕刻までゆっくり散策しました。

一日スローライフな観光を楽しみ、魚介をつかったグルメをお土産にして、伊根郵便局前のバス停から丹後海陸交通バスに乗り込み、自転車で巡ってきた伊根の名所を後にしながら、帰途につきました。

アクセス

伊根町観光協会ホームページ→

MAP:(京都府与謝郡伊根町

京都丹後鉄道(JR京都駅、大阪駅から直通あり)「天橋立駅」または「宮津駅」で下車し、丹後海陸交通バス「経ヶ岬」、「蒲入」、「伊根郵便局前」行きに乗り換えて約1時間。バスの運賃は「天橋立駅」または「宮津駅」から400円です。

○大阪・神戸から車で
中国自動車道→吉川JCT→舞鶴若狭自動車道→京都縦貫自動車道→宮津市・与謝野町→R176→R178→伊根町

○京都市内から車で
京都縦貫自動車道→丹波町→R27→綾部市→京都縦貫自動車道→宮津市・与謝野町→R176→R178→伊根町

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket